初めての味噌作り♪ & 重ねて簡単♪ふろふき田楽♪

パン教室のりな先生と一緒に味噌を仕込んで来ました。数年前にみそ作りキットで一度試したことはあるものの、大豆をゆでることから始めるのは今回が初めて♪

「一緒に」なんて言いつつ、先生宅ではすでに朝早くから大豆をゆでて用意していて下さり、私はフードプロセッサーでつぶして麹と塩を混ぜた大豆を「楽しい~♪」と言いつつ、ペチャン!ペチャン!と容器に投げ入れただけ。先生、どうも有難うございました(^^)

e0087805_085864.jpg


ほぼ一時間で仕込み完了♪

足元にじゃれつく次男坊をごまかしつつの初めての本格味噌仕込み、一年後が楽しみです。どんなお味になっているでしょうか?ワクワク♪

*海の散歩でのひとコマ*
長男が海の向こうを指差し、「あ!いわぼうし(岩帽子)だ!」
あの・・・えぼしいわ(烏帽子岩)ですが・・・(^^;)

--------------------------------
冬は土鍋が大活躍!暖かかったけれども、昨日は重ねて簡単♪ふろふき田楽♪を作りました。煮汁で作るお味噌がと~っても美味しいんですよ♪

e0087805_0134737.jpg




1.土鍋に下ゆでしたこんにゃく、大きくざく切りにした白菜、大根、にんじん、れんこんの順に重ね、水を加えて、とろとろ煮込む。
e0087805_023428.jpg

2.白ゴマペースト小さじ1/2、白味噌大さじ1~2、合わせ味噌大さじ2、煮汁50ccを合わせて、付けだれを作る。

3.軽く焼いて表面の油を取った、厚揚げを添える。

☆お好みでゆずや木の芽を添えて、どうぞ♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「食性について」パート2です♪

生き物が食べるべきものは、歯の構造に表れます。

肉食動物の歯を考えてみます。肉食動物の歯は、捕らえた獲物の肉を引き裂き噛みちぎって食べるための鋭くとがった犬歯で構成されています。
草食動物の歯はどうでしょう?上下の歯を合わせて草をゴリゴリとすりつぶして食べるためのうすのような形の臼歯から成っています。

狂牛病は、「牛本来の食性」を人間が乱した結果ではないかと思います。牛は草食動物です。同じ動物の内臓や脊髄などを食べる生き物ではないのです。

では、雑食動物であるヒトはどうでしょう?
                                           =続く=
[PR]

by megu1031tajin | 2006-01-31 00:38 | おいしい重ね煮レシピ