おせち料理にどうぞ♪簡単おいしい松前漬け♪

気が付けば、今年も残るところなんと10日足らず。
振り返ってみると、今年は特に早く過ぎ去った一年だったような気がします。

新居への引越し、長男の入学、6年ぶりの赤ちゃんとの生活と、緊張から始まった年でした。けれども、色々な出会いに恵まれ、自分なりの人生目標(というほどのものでもないけど)がはっきり見え出してきて、充実の年でもありました。

来年の私の抱負を、今思いつくだけ考えてみました。

☆さらにおいしい料理の探求
☆自家製酵母パン作りに挑戦
☆次男坊と自転車で鎌倉散策
☆長男を叱る時は、大声を出す前に深呼吸する(←これが一番難しい)

なんだか来年も楽しそう♪
---------------------------
今日は松前漬けのご紹介。
e0087805_1139564.jpg

おせち料理の一品にどうぞ。作り置きがきくのでお酒のオツマミ、来客に何かと便利です。
いつものごとく重ねて煮るだけ、簡単です。でも、とても美味しいですよ。
だまされたと思って、お試しくださいね。







1.しょうゆ、みりん、酢を同量混ぜて合わせ調味料を作っておく。(ゆずがあれば、酢の半量をゆず酢に変えるとグーですよ。)

2.鍋に、戻したすき昆布、切り干し大根、にんじん、するめいかの順に重ね、戻し汁と梅酢小さじ1/2程度と水少々を加え強火にかける。

3.にんじんに火が通ったら、合わせた調味料を加え、一煮立ちさせて火から下ろす。

4.切りゴマまたはひねりゴマを加えて、混ぜる。

酢はりんご酢を使うとマイルドでさらに甘くなります。梅酢はなければ、入れなくても大丈夫。
くれぐれも火を通しすぎないように、気をつけてくださいね。しゃきしゃき感がなくなってしまいます。

**********************************

これまでいくつかのレシピをご紹介しましたが、ここで調理の基本の確認です。

    =♪おいしく健康に美しく♪調理のABC=
     A.皮をむかない、アクを抜かない一物全体食 
    B.旬の素材、地場ものを使う 
    C.本物の調味料を使う
**********************************

重ね煮について第5話です。
今日は4つめの効用について。
陰性のものから陽性のものへと積み重ねて調理すること(これが重ね煮)によって、食材が中庸に調和されます。調和された中庸のものを常食することによって、体内のバランスが整います。

わかりにくいですか?では、例をあげて、陰陽で考えてみますね。それはまた次回に。
[PR]

by megu1031tajin | 2005-12-21 11:43 | おいしい重ね煮レシピ