あさイチ~酵素~

子供たちを送り出した後、あさイチを見るのが好きです。

予定がある日は、掃除や片付けをしながら、
まったりモードの日は、お茶を飲みながら。


今日は「酵素」徹底検証。

見て良かった~♪

お家で酵素を作っていたり
酵素ドリンクを飲んでいたり
ジューサーで野菜ジュースを作って飲んでいたり、

友人たちから色々聞いてはいたのですが、

そのたびにふむふむ…なるほどと思いながら、

手つかずで。



全体食を心がけているためか、
一歩踏み込めないところがありました。


私たちの身体の中の酵素は、新たに作られることはないから

補うために外から摂ることが必要だと聞いたのですが、

それは違うそうです。



以下
今日の要約。



・酵素を摂っても、身体の中では酵素としての働きはしない。

・酵素がよく働く温度は、体温より少し高いくらい~60度まで。
それ以上の温度では働かない。

・酵素はph2~3の強酸性の状況では働かない
つまり、胃は酸性のため、口から酵素を摂っても体内では働きを失う。


ゲストの平山綾ちゃん、

毎朝酵素を豆乳に入れて飲んでいたそうで、ショックを受けていました。


が!

それは全く意味がないわけでなく

私たちが本来持っている酵素の働きを活性化する助けとなることが期待できるのだそう。




番組ではここで、アスリートの栄養指導をしてられる方が出てらっしゃいまして…

(現在は高橋大輔選手の食事指導をされているそうです。)


体内の酵素には複雑な仕組みと、

それぞれに様々な働きがあり、

その働きを助けるために食事をするのだというお話がありました。



さてさて、
ここからが大納得のお話。



酵素を活性化させるには、

根・葉・実のものを偏りなく摂ること。

根(根菜類) → ミネラルが含まれていて、疲労回復の酵素を活性化

葉    → ビタミンB類が含まれていて、エネルギーを効率よく作り出すための酵素を活性化

実   → ポリフェノール、ビタミンC,Eが含まれていて、抗酸化酵素を活性化

高橋選手の移動日の食事(具だくさんのスープ&ピクルス)
試合日の食事(ポテトとコーンのスープ&サラダ)も合わせて紹介されていました。

見栄えがとくに美しいわけでもなく(すみません…)
でも、味が想像できる
元気が出そう、食べるとほっとしそうな
いつもの我が家と似た食事でした。


で、思ったこと。

根、葉、実のものを万遍なく摂る。

いつも私が気を付けていることで、
皆さんにもお伝えしていること、
まさに重ね煮のなせる技ではないですか?

しかも、皮ごと、アクごと食べているので、
ミネラル、ビタミンは全く逃していない。

酵素がバリバリ働いてくれますね!

酵素を飲んでいなくとも、
知らないうちに酵素を活性化させていたのね…と
とても得した気分になりました。


そして、重ね煮、陰陽調和って素敵!と改めて惚れ直しました。


最後に、ゲストの先生がおっしゃっていたこと、

「どんなものでもいいと言われる成分を持つものには、
必ず反対の成分もあります。
一つのものばかり摂りすぎないことが大切です。」

この言葉にも大納得。

昨今の健康ブームに危惧を感じているので、

「ブラボー♪」と心の中で拍手をさせていただきましたよ。

[PR]

by megu1031tajin | 2012-04-23 16:04 | 暮らし