<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

原点にもどる

師範免状をいただいたお料理教室の単発講座に参加した。

「離乳食講座」。

もちろん我が家には離乳児はおらず、今後増える予定もない。
知識の幅を広げたいのと、色々なことの再確認のために参加。


実習はデモ形式。主食から副菜、おやつまでパパッと7品目ほど作る。
重ね煮を習熟している私には手際よく充実の時間だったが、初参加の方が多かったこの日。重ね煮もお初の皆さん、このペースの早さについていけたのだろうか・・・?
少し気になる。

師の梅崎先生のお話は的確、全て経験から得てきたことなので説得力がある。
離乳食に限らず、様々なお話が聞けて充実の一日。

やはり梅崎先生は「師」だと毎度ながら感じた。

陰陽調和料理は家族の健康を守るための料理である、子供たちには本物の味を覚えてもらいたい、だからお肉にみせかけた大豆たんぱくなどの「もどき料理」は使わない、凝り固まるのはいけないなど熱くお話される様子に、今の私があるのはこのお教室、先生のおかげと改めて感じる。
フツフツと力が沸いてきた。

このお教室に通い始めた時にはまだ3歳だった長男にとって、4年生になろうとする現在も古巣のようなものなのか・・・今回も学校給食の「揚げパン」をあきらめてついて来てくれた。
ありがとう♪

おまけにこの日は、仕事帰りのオットと待ち合わせ、一緒に帰ることが出来た。
長男には内緒にしていたため、サプライズで次男坊共に大喜び。
「ホワイトデー」ということで、外食。母も大喜び。
「バレンタインってなんかもらったっけ?」と帰ってから疑問に思うオットであった。

メンズクッキング
[PR]

by megu1031tajin | 2008-03-16 01:24 | 暮らし

こもる、つくる

春だなぁ、春だねぇ・・・
お庭の花の手入れをしながら、ついつぶやく。
この時期が一年で一番わくわくするのかも。
だって、クリスマスローズやビオラが次々に咲き始めたし、チューリップの球根も急に背が伸び始めた。秋に沢山植えた球根のクロッカス、ムスカリ、花ニラたちがどんな顔を見せてくれるか楽しみ。


3週続いた木曜日のお仕事。
そのおかげでうちの野菜室には半端野菜がごろごろ。

このセロリは?・・・そうそうコラボで使った冬野菜サラダの余り野菜。そっか、まだあったんだ・・・
おーレンコンも余ってたか?
次男坊のお昼寝の間にゴソゴソ、ガサガサ。


週末のパン朝食を楽しみにしている長男のため、パン生地を発酵させつつひたすら作る。


e0087805_116343.jpgひじきとセロリの梅煮 
 ひじき、セロリ、ちりめんじゃこ、梅干を重ねて。



e0087805_1172576.jpg昨日のこだま酵母パンとのコラボメニューと同じく、根菜の甘酢漬け



備えあれば・・・ということで、週末の食事の支度は楽できるはず。
そのうちにピンポーンと宅急便が。


e0087805_1225649.jpg実はこれを待っていたのだ。
今年も作りました。
明石からの春の味覚「いかなごのくぎ煮」。


毎年レシピを忘れ、毎年分量が違う我が家のくぎ煮。
今年こそは覚書き・・・生姜  50g・黄ざら  200g・酒  半カップ・みりん  半カップ・しょうゆ  1カップ
ひたすら強火でぐつぐつ煮る。

料理には全く砂糖を使わない私。
でも、くぎ煮は別。
昔から作り伝えられてきたものは、そのまま作りたい。
でも、黄ざら、もしかしたらてんさい糖に変えてもいいかも・・・?
ちらっと頭をよぎったが、いつもの味にならなかったら勿体無いのでやーめた。


キッチンにこもって気付くと、2時間半経過。おや?次男坊はまだ寝ている。
おやつを食べるのも、お茶を飲むのも忘れていた。あわててお茶を入れる。


夕食、早速いかなごのお味見。
美味しい!
春の味。長男は予想通り、ご飯をお代わりした。
私もごはんがすすむ、もう一杯・!
・・といきたいところだけれど薄着の時期に向けてそろそろ準備段階(何の?)に入らねばならないので、こらえるのでありました。


ちなみにうちの夕食は、残り野菜推進メニュー。
ごはん、あさりと春野菜のカレースープ、残り物の五目春雨、根菜の甘酢漬け、そしてキャベツと小松菜の和え物でした。
[PR]

by megu1031tajin | 2008-03-08 01:37 | 台所から