<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年もキャンドルナイト

雨振りの夏至、昨日。

早めに夕食を終え、7時からキャンドルナイトを楽しみました。

長男と同じく、この日を昨年同様楽しみにしていた私、
なのにああ・・・キャンドルの補充を忘れ。
ちょっぴり暗いけれど、ま、いっか!とありったけのキャンドルを灯し、
久しぶりにゆっくりした時間を過ごしました。

「ろうそくの光だと静かにお話できるね。」と長男。
うん、確かに・・・不思議、心もしんと静かになるね。
普段なら勉強しなさい!と叱られている時間、
それだけに長男はいつもに増して静かで穏やかな時間に感じたのかも。
(ごめん!)

キャンドルの炎を見ながら、
海の氷が解けてしまったために沈んでしまった遠い国のお話をしたり、
ゴミを増やすと地球が温かくなってしまうんだよというお話をしたり。

静かに耳を傾けていた長男、成長したなぁ。
こんなふうに説教くさくなく、素敵な時間を過ごしながら環境について考えられるなんて、
キャンドルナイトの言いだしっぺに感謝!

お話をしながら寝てしまった次男坊。
長男もいつもより早く就寝。
もちろん母も、帰って来たオットに「ごはん!」とたたき起こされるまでグッスリでした。

来年は素敵なキャンドルをゲットしておこう。
[PR]

by megu1031tajin | 2007-06-23 16:35 | 暮らし

大切な手再び

e0087805_22355966.jpg

e0087805_22361286.jpg

いよいよ梅雨入り。
外で遊べなくてうずうずしちゃいます(特に野球バカの長男)が、
庭の草花たちは生き生きと見えます。
この雨でぐんと成長するんだろうな・・・大きくなぁれ♪




父の退院から2ヶ月あまり。
週明けに父が一人で電車を乗り継いでやって来ました。

受傷から8ヶ月弱、ここまで回復するとは思わんかったなぁ・・・と感慨深げ。
ほんまやねぇ・・・

父は1ヶ月ほど滞在の予定です。
目的は厚木市にありますこちらでトレーニングを受けるため。

アメリカ・サンディエゴにあるProject Walk
脊髄損傷者回復のためのトレーニング施設。
父が車椅子生活になる可能性を医師からほのめかされた時から、
「その時にはゼッタイここへ。」と心に決めていたところでした。
しかし英語・・・勉強せな・・・困ったなぁ・・・という心配もしていました。


ですがこの春。
アメリカProject Walk
脊髄損傷回復スペシャリストとしてご活躍だった渡辺さんがご帰国。
厚木でJ-Workoutという
トレーニングジムを始められたのです。

入院していた病院からはさんざん
「日常生活がリハビリですから。」
と言われていたので、はじめこの話に乗り気でなかった父。
トレーニングしたところで今と特に変わらないのではという思いがあったようです。


ところが、初トレーニングの日。
「大丈夫。良くなりますよ。」と渡辺さんのお言葉。
今まで大丈夫などと言ってくれた人は初めてだと父母が喜んでいました。


そして、トレーニング翌日。
サプライズ!


父の指の間が大きく開くようになり、なんとお箸が使えるようになりました。
(今までは介助用のお箸を使っていました。)
子供たちと出かけた外食先でお箸が使えるようになったことが判明。
「すごいやん!」と大騒ぎしている私たちのお隣のテーブルのご家族、
(お箸が使えるのがそんなにすごいんかい??)ちゅう感じで
いぶかしげに見ていたのが可笑しかったな。



「リハビリは今ある機能を最大限に使って日常生活を送れるようにするためのものであって、動かない機能を回復させるためのものではありません。」

この言葉を病院で耳にタコができるほどいく度となく聞かされ、
そのたびに胸が痛くなり、ため息がもれた。


うそばっかり!!回復してるやん!!


日本の病院では一人のリハビリにかける時間はたったの20分。
そのうえ、受傷後180日でのリハビリ打ち切り制度が決定した。

この制度にどれほど多くの方が泣いているか。
回復の見込みのある多くの方たちがあきらめざるを得ない状況にあることを
考えると悔しくて仕方ない。


父は今、週3日6時半に家を出てトレーニングに励む日々。
昼過ぎには帰って来るので、子供たちと遊んでくれて少し楽チン♪
箸の次には、やっぱり鍬でしょ。
畑を耕さなあかんからねぇ。

昨年夏、畑で撮ったあの大切な手が戻る日を信じてます。
[PR]

by megu1031tajin | 2007-06-14 22:56 | 暮らし

二宮へ&大根の信田煮

週明けに二宮までお出かけして来ました。
実家から来ていた両親に次男坊を託し、単身でプチ旅行気分。

二宮駅から車に乗って着いたところは、ここ。
鎌倉よりも空気がからっとしていて、気持ちいい。

e0087805_13501950.jpg小高い丘の上の農園。
お日様がとても近い。
お天気が良かったせいでじりじり。
ここの他に4つほどの農園を持ち、
有機農業をなさっている女性に農園を案内していただきました。



コンパニオンプランツを利用するなどして、雑草や虫たちと共存しながら元気に育っています。キャベツくんは青虫に食べつくされちゃってましたが。

この風景、昨年行った長野県の‘シャロムヒュッテ‘の畑を思い起こしました。

e0087805_14131786.jpg







e0087805_1354479.jpg






e0087805_13553686.jpgじゃがいもやにんじんの花ってこんなに美しいんだ!
お父様とお二人で有機農園をなさっているこの方は私より年下。
お父様幸せだなぁ・・・
とてもパワーを感じる笑顔の素敵な女性でした。



この農園の丹精こめて作られたお野菜をたっぷり使って来月、
「陰陽調和料理で味わう大地の恵み」のイベントの調理担当をします。

この日はそのための顔合わせ&打ち合わせでした。
スタッフの方々もみなさん笑顔とユーモア溢れる素敵な方たち。
楽しいイベントにしようね!と活気満々。
この方たちの住んでいらっしゃる二宮がいっぺんに好きになりました。


有機農園つ・む・ぎのお野菜の魅力輝くお料理を作るべく、頑張ります!
しかし、毎度のことながら緊張するなぁ・・・





日中かなり暑くなってきました。
ぐつぐつ煮込まずに、短時間でできる煮物が重宝します。

♪大根の信田煮♪
e0087805_1482351.jpg


レシピはこちら♪
[PR]

by megu1031tajin | 2007-06-06 14:17 | おいしい重ね煮レシピ