カテゴリ:台所から( 39 )

パンレッスン

e0087805_2194525.jpg


パンレッスン*全粒フルーツブレッド*を焼きました。
パンは捏ねてしまえば、後は待つのみ。
楽しいお茶とランチタイムです。

この日のランチも簡単です…
「いんやんのヘルシーランチ」。

焼き上がりはこんな感じ。

e0087805_21123893.jpg


ご参加のお二人もきれいに焼けました♪



白神こだま酵母のパンを焼いてみたいという方、2名様から開催しています。
お気軽にコメントからご連絡下さい。
[PR]

by megu1031tajin | 2012-09-23 21:13 | 台所から

塩麹

生活クラブ出張講座は、事前に主催者と綿密に打ち合わせをします。

先週の「発酵食品の底力を知る」講座の打ち合わせで、
こちらからは「ひじきのソフトふりかけ」「春野菜の重ね煮味噌汁」
を提案したところ、
塩麹を使ったものをもう一品…とリクエストがありました。

塩麹は、一昨年くらいから作ってはいたのですが、
今ひとつ「これ、美味しい!」というレシピがなく、
使ったのは浅漬けやお肉の下味くらい。

塩麹を使って、あれこれ試す暇も気力もないまま、
今に至っていました。


今回、講座をきっかけに一念発起。

美味しいお料理がいくつか出来ました♪
主催者の方に感謝です。

e0087805_12531278.jpg


↑は、菜の花とゆばの塩麹和え。
菜の花の苦みが、塩麹のパンチある塩味と合います。

*塩麹ドレッシング*もお気に入り。
塩麹、りんご酢、オリーブ油を同量、ビンに入れてしゃかしゃかシェイクするだけ。
ブロッコリーや菜の花、青菜の蒸し煮
新玉ねぎとワカメのサラダなどに。

今は、このドレッシングにアレンジして、
玉ねぎのみじん切を少量入れています。

これ、魚のカルパッチョにもいけそう♪

今度、やってみます。

意外に美味しかったのは、
*塩麹ごはん*。
ごはんがつやつや、もちもち、甘~くなります。

*塩麹の浅漬け*
はうちの定番。
長男のお弁当のお供。

e0087805_1354171.jpge0087805_1361464.jpg

[PR]

by megu1031tajin | 2012-04-19 13:08 | 台所から

ケータリング@鎌倉山

e0087805_6285424.jpg

e0087805_629972.jpg



バレエのお仲間のマダムのご依頼により、
鎌倉山でのお宅のホームパーティケータリングをしました。

初のケータリング。
人数は50名ということで、
鍋の大きさは?
調理時間は?
試行錯誤しつつ、
無事終えました。

皮むきなしの重ね煮調理も、
50人前の野菜を切るのは時間がかかりました。
ゴミはなかったですが(笑)

この日お届けしたのは
秋の筑前煮
根菜の甘酢漬け
パウンドケーキ2種(黒ゴマとフルーツ)。


2階リビングから海が見渡せる素敵なロケーションで
お庭ではジャズバンドが生演奏。
それはそれはため息が出そうなくらい夢のような空間でしたよ♪

お手伝い同行してくれたmamiちゃまどうもありがとう。
[PR]

by megu1031tajin | 2011-10-02 06:34 | 台所から

素敵なひととき

e0087805_2385018.jpg


先日の自宅教室での食事風景。

1歳前後のお子さん連れのママ4人が来てくださいました。
おんぶや抱っこ、時には授乳しながら、
講義に耳を傾け、調理、片付けに積極的に参加されています。

「大変だけど来てよかった」と思っていただけるよう頑張らなきゃと
私も気持ちが締まります。


調理終了後のいただきます。
お子さんに
「おいしいね~。」
「次はこれ食べてみよっか。」
話しかけながら、一口ずつ丁寧に食べさせている姿があまりにも幸せそうなので
パチリと撮らせていただきました。

子供たちが大きくなった今は、食べさせてあげることはすっかりなくなってしまい、
忘れていた光景。

ママもお腹が減っているだろうに、
ママたちの食事はすっかり冷めてしまうだろうに…
子供たちに一番においしく食べてもらいたいという母心。
ママもお子さんも幸せだなぁとしみじみ感じたひとときでした。

幸せごはんを沢山食べて、大きくなぁれ。
[PR]

by megu1031tajin | 2011-09-28 23:20 | 台所から

大根の葉

大根やかぶの葉、ふりかけにしたり佃煮にしたり、
色々に使えて捨てるのは勿体ないですね。

私、清原亜希さん好きなのですが、
(→凛々しいお顔や男前な性格)
先日のソロモン流で亜希さんも「ゼッタイ捨てない」と言われていて
ますます好きになりました。


うちの定番は佃煮風。
しょうゆのみの味付けでとても簡単なので、しょっちゅう作ります。

e0087805_5455296.jpg



ポイントは1~2日干すこと!
お天気のいい日は一日外干しすれば大丈夫だと思います。

干すことで水分がなくなって甘みが凝縮されるので、
しょうゆだけで十分甘くて美味しい。
昨日は干した大根葉を細かく切って鍋に入れ、
ちりめんじゃこ、薄あげを重ねて、
水少々としょうゆを入れて3分ほど。
最後にすりごまを混ぜてみました。

息子のお弁当にも入れま~す♪
[PR]

by megu1031tajin | 2011-02-24 05:52 | 台所から

アップルパイ

昨日、自宅lesson終了後、
次男お迎えまで時間があったので、
lessonで作ったアップルパイをもう一度作りました。

e0087805_10124386.jpg


中のフィリングはもちろんノンシュガー。
外側のパイ生地には卵、バター不使用。

でもしっかり甘いし、
粉の甘みも感じられてとても美味しいんです。

今回はフィリングにシナモンを少しきかせて、
パイ生地には全粒粉を25%混ぜてみました。
一口かじったらサクサクして美味しかったです。

というのも10個作ったのですが、
次男お迎えの間に帰宅した長男が食べてから出かけ、
その後に帰った次男が食べ、
5時過ぎに帰宅した長男がすべて平らげたということで。

次男の分を一口かじっただけで終わりました。

沢山食べても、
ノンシュガー、しっかりお腹も膨れるし安心。

ちまたにあるマクロビおやつは、
高価な材料や特別なお店にしか売ってない材料を使用することが多いし、
甘みの代替品の香りや味の主張がきつく感じられて
敬遠してしまいます。

その点、

このアップルパイ。
思い立ったら、いつでも作れる手軽さ、グッドです。
[PR]

by megu1031tajin | 2011-02-16 10:21 | 台所から

今年の太巻き

最近は「恵方巻き」というのね。

節分には恵方を向いて並んで立ち、
願い事を心に思って
太巻きを丸かぶり。

関西育ちの私には、お正月と並ぶくらい大切な季節行事です。

e0087805_1526596.jpg


今年は次男坊のリクエストに従って
「サラダ巻き」→ツナ、サラダ菜、卵焼き

それに加えて
「韓国風太巻き」を作ってみました。
韓国風太巻きのご飯は、炊きたてご飯に塩、すりごま、ごま油を混ぜて。
ほうれん草と切り干し大根のナムルと
すりおろしにんにくと一緒に甘辛く煮たこま切れ肉を巻いてみました。
食欲をそそる匂い。

ちなみにほうれん草と切り干し大根のナムルは昨日のおかずの残りの使い回し…

e0087805_1531577.jpg


重ねて蒸し煮して、
しょうゆ、ナンプラーで味をととのえたもの。

さあて、恵方を向いて何をお願いしようかな。

今朝、息子たちはどちらが鬼になるかで揉めていました。
「よし、ママがなる。」と立候補したら猛反対。
脅かされると思ってるんだろか…(笑)

恐らく鬼を立てずの豆まきになるでしょう。
[PR]

by megu1031tajin | 2011-02-03 15:34 | 台所から

春菊

長男、春菊が大好き!らしい。

春菊ととろろ昆布のおすましなら3杯は飲む。
鍋物には白菜より春菊を好む。
春菊と水菜のサラダにカリカリじゃこを乗せて、
ポン酢&ごま油ドレッシングをかけるともりもり食べる。

…しぶい。

先日は春菊が少ししか残っていなかったので
ほうれん草と春菊を半分ずつで作ったのがこれ。

e0087805_11191656.jpg


青菜ののり和え。

薄手の鍋にほうれん草と春菊を2センチ長さに切ったものを入れて上にちりめんじゃこを少し乗せる。水少しと塩一つまみで蒸し煮。鍋ごと水を張ったボウルにつけて(水にさらすと甘みが逃げちゃうのでね)冷めたら、番茶としょうゆ大匙1を合わせた調味料で和えて、刻みのりを散らすだけ。

「これ、うまい」と長男、次男とも食べていました。

息子たちの野菜好きは、
父が時々送ってくれる「旬の野菜もりもりセット」のおかげかな。
[PR]

by megu1031tajin | 2011-01-26 11:23 | 台所から

今年初レッスン

今年最初のお料理レッスンでした。

e0087805_17453554.jpg


メニューその他詳しくはHPを。

お話して、美味しいものを一緒に作って食べて、
楽しかったです♪

簡単なのに体にやさしい、そして美味しい陰陽調和料理。
今年もたくさんの方にお伝えしていきたいです。

そしてそして…

春からは次男坊が晴れて!
小学校入学!

送り迎えからおさらばできるっ!ということで
自宅にて「こだま酵母パンを焼く会」をぼちぼち始めたいと思っております。
「白神こだま酵母」
イーストと違って、国産小麦、塩、砂糖だけで美味しいパンが焼けるんですよ。
6年前に出会って以来、浮気なし。
我が家はこだまちゃん一筋です。

そしてそして…もうひとつお知らせしたいことが

********************

お知らせ
[PR]

by megu1031tajin | 2011-01-18 17:57 | 台所から

娘に戻って

e0087805_17403631.jpg


日曜日の午後のみ、自家製野菜を販売してくれるお宅がご近所にあります。
販売開始と同時にいつも人がいっぱい。

昨日、ずいきを見つけたので懐かしくて…
思わず手に取りました。

秋口、実家の食卓にはずいきがよく上がりました。
当時は、ずいき=野原に生えている「すいば」(実家ではすかんぽと言っていた)と思っていましたが、家庭菜園をしている父が畑から持ち帰ったサトイモの茎を、
母が下処理と調理をしていたんですね。

12年前、長男が生まれた夏の終わり、
退院して実家に帰った日のお昼にも母が滋養をつけるためにと
「ずいきの酢の物」を出してくれたことを一緒に思い出しました。

父母は捨てるのが勿体ないから、
調理していただいていたと思うので、
買ったと言うと、「もったいない!」と驚かれそうですが。

でも、買いました!


e0087805_17523512.jpg


皮をむいて、酢水でゆでた後はこんなに鮮やか。
ずいきはほんのりピンク色になります。

今日は焼いた油揚げと一緒に、白みそ、すりごま、千鳥酢で和えました。
息子たちは食べないだろうけど、一人で実家を思い出し、
娘気分に浸りながらいただきます。

e0087805_1755181.jpg

[PR]

by megu1031tajin | 2010-09-27 17:56 | 台所から