2010年 09月 27日 ( 1 )

娘に戻って

e0087805_17403631.jpg


日曜日の午後のみ、自家製野菜を販売してくれるお宅がご近所にあります。
販売開始と同時にいつも人がいっぱい。

昨日、ずいきを見つけたので懐かしくて…
思わず手に取りました。

秋口、実家の食卓にはずいきがよく上がりました。
当時は、ずいき=野原に生えている「すいば」(実家ではすかんぽと言っていた)と思っていましたが、家庭菜園をしている父が畑から持ち帰ったサトイモの茎を、
母が下処理と調理をしていたんですね。

12年前、長男が生まれた夏の終わり、
退院して実家に帰った日のお昼にも母が滋養をつけるためにと
「ずいきの酢の物」を出してくれたことを一緒に思い出しました。

父母は捨てるのが勿体ないから、
調理していただいていたと思うので、
買ったと言うと、「もったいない!」と驚かれそうですが。

でも、買いました!


e0087805_17523512.jpg


皮をむいて、酢水でゆでた後はこんなに鮮やか。
ずいきはほんのりピンク色になります。

今日は焼いた油揚げと一緒に、白みそ、すりごま、千鳥酢で和えました。
息子たちは食べないだろうけど、一人で実家を思い出し、
娘気分に浸りながらいただきます。

e0087805_1755181.jpg

[PR]

by megu1031tajin | 2010-09-27 17:56 | 台所から